利根漁業協同組合 . .
. 群馬県沼田市西倉内町
水協法による設立認可年月日と組合地区 734番地の4
昭和25年7月28日 TEL 0278−22−4516
沼田市及び利根郡 .
漁業法による漁業権の種類と免許年月日 .
共第1号及び15号第五種共同漁業権 .
平成25年9月1日 . 組合長 吉澤郁夫

漁 場 の 区 域 漁協の活動と地域の概要
沼田市から上流の利根川とその支流 利根川の最上流区域を組合地区とする当漁協は数多くの支流とダム湖を擁し、アユ漁業をはじめヤマメ、イワナ等のマス漁やワカサギ漁等が行われています。
当漁協は第五種共同漁業権にかかる放流増殖事業を柱に幅広く水産資源保護事業を実施していますが、現在の内水面漁業が抱えるアユ冷水病・カワウ被害・外来魚の対策は当漁協にとっても大きな課題です。
このうち外来魚については利根川の最上流に位置する奥利根湖で平成11年5月にコクチバスの生存が確認されその後繁殖も確認されました。その地域性、水産資源保護上深刻な課題として捕らえ、県当局と検討を加え平成12年度から当漁協が駆除作業を展開しています。年間多くの人と経費を費やし、コクチバスの完全駆除に努めているところです。
冷水病については県の施策に沿い冷水病フリーの放流用種苗の確保に努めています。平成15年度は健全なおとりアユの確保にも努め、管内のおとりアユ業者に対する啓蒙活動を一層強化しました。
カワウ対策については県の事業に沿った飛来数調査やコロニー調査を実施しています。
また、地域の人々の魚と触れ合う機会を創り出すため「ふるさとの魚放流事業」や「ふるさとの魚ふれあい事業」を実施し地域と一体となった水産資源保護、環境保全対策に努めています。
このほか河川工事や水質汚濁による魚類被害防止に努め、年間502件の出動、役員延べ845人の対応を必要としました。この数値は健全な内水面漁場の確保には多くの労力が必要であることを物語っているではないでしょうか。
(片品川・薄根川・赤谷川・湯檜曽川
等)奥利根湖・薗原湖・赤谷湖等を含む
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  

利根漁協 遊漁規則
トップページへ